第10回在宅ケアネットワーク福岡中央研修会を開催しました。

コロナ渦となり開催を見合わせておりました研修会ですが、2021年12月17日(金)に約2年振り開催することが出来ました。記念すべき第10回目研修となる今回は『もっと知りたい!訪問看護・訪問リハビリ』と題して、ステーションの運営とマネジメントをテーマとしました。

座長には、訪問看護認定看護師である「浜の町病院地域連携課」の大久保志保様、講師として「アイエック訪問看護ステーション」の町田真一朗様、「メディケア訪問看護リハビリステーション」の山川泰明様にお話頂きました。

久々の開催でもあり、特に訪問看護・リハに従事されている方には興味深いテーマだったこともあり、100名を超える多職種の皆さまにご参加を頂きました。


町田様の講演では、ステーションを立ち上げられ今日までの約10年間の意識改革などの取り組みや人材教育など、とても重み感じる内容でした。

山川様の講演では、2014年の開設後、福岡、佐賀、東京に事業所を展開されており、運営する上でのメディケアの工夫を伺うと同時にとても勢いを感じる内容でした。


参加者の皆さまからは、「会社の理念・目的意識をもって運営し、人を育てる大切さを再認識した」、「経営の可視化の重要さを知った」、「専門性を高める取り組みをしているか高めていけるのか教育って大事なことを感じた」などの感想を頂戴しました。

職員の意識の統一や教育、また運営面で共通の悩みを抱えておられる方が多く、今回の研修が解決のきっかけになって頂けた印象がありとても嬉しく思います。


今後も地域の各医療機関、事業所などお互いが顔の見える関係づくりと連携強化ができるように定期的に研修会を開催していきます。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。






最新の投稿
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic